urusai
あなたはイビキをかく人ですか。私は、イビキをかきませんという人も、家族からイビキがうるさいと
言われている人にも知っていただきたい、イビキのメカニズムと枕との関係性をご紹介いたします。

今はイビキをかいていなくても将来書かないということは言い切れません。

イビキは自分では気づかず周囲の人から注意された初めて自分がイビキをかいていると知る人がほとんどですので
自覚症状がないからといっても油断は禁物です。

それでは、イビキの原因とあなたにあった枕えらびのポイントをご紹介いたします。

イビキは気道をふさぐことで起こる

結論から言うと「本当」です。イビキがどのようにして発生しているのかというと仕組みはいたってシンプル。
人間が呼吸をするとき、鼻や口から空気を吸い込み喉を通って肺へと空気が送り込まれます。寝ているときにイビキとなるのは、鼻と口の空気が喉元にある気道を通過するときです。人は睡眠の際に、寝転がる姿勢になります。すると、体の脂肪が重力の影響で垂れ下がり姿勢によっては気道を塞いでしまうためイビキを誘発します。そのため、イビキをかかないようにするためには、気道を意識することがポイントとなります。

気道を確保するには睡眠グッズを自分に合わせる

イビキをかかないようにするためには、気道の確保を睡眠中にも行うことができればいいのです。

そのために必要なことは、睡眠中に姿勢を維持する睡眠グッズの選び方です。

睡眠時に多くの方が使用する枕ですが、枕の高さは気道の確保に非常に重要な役割を果たしています。
枕が高すぎると、鼻と口に対して首の角度が急になり、脂肪だけでなく急な角度そのものが気道を狭めてしまうため
イビキを発生させやすくなります。

しかし、枕を睡眠時に使用しない人や枕が低すぎてしまうと、睡眠時は脂肪だけでなく
筋肉も緩んでしまうため、気道を狭めてしまう恐れがあります。

要するに、自分の睡眠時に気道を確保してくれる「適切な角度」の枕を選ぶ必要があります。

また今、世の中では健康ブームの高まりから少しでも長く健康でいようとする考え方が広がっています。

もちろん、イビキに関しても何も対処を行わなければ、無呼吸症候群など、危険な症状を引き起こしますので、注意が必要です。

快眠枕の選び方で参考となるページがあったので紹介しておきます。

http://xn--t8j4aa4nmisa11bucb6431jwvrahu6b.net/

まとめ

イビキは病気の前触れとも言われるほど、重要な体のサインです。家族からイビキを指摘された方は
一度枕を変えてみるということを頭に浮かべてみてはいかがでしょうか。自分にあった枕と出会い
快適な睡眠時間を確保し健康な体を作りに貢献できればと思います。