睡眠薬と睡眠サプリのメリットデメリットをご紹介!

sapurimennto

現代社会で様々な理由から寝付けないや眠りが浅いなどの不安を抱えている人は多くいます。その原因の多くがストレスですが、簡単にストレスの元を取り除く ことはできなく、不眠症などの睡眠障害を発症してしまいます。

そこで、睡眠薬や睡眠サプリなどの薬の力を借りて大切な睡眠を守る必要があります。これらの 薬は自分に合ったものを選ぶ必要があり、メリットデメリットがついて回ることを理解して使用しなければいけません。

睡眠薬のメリット・デメリット

睡眠薬のメリット

睡眠薬は医師の診断が無ければ処方されないので安心感があります。効き目が強く、強制的に眠ることができるうえに精神安定の効果があるので、不眠の不安を抑えストレスを解消できる効果があります。

睡眠薬のデメリット

副作用が多く、強い薬のため肝臓などの内臓に負担がかかります。依存性も強く服用しないと不安になり常習性があるにもかかわらず、根本的な不眠の治療には繋がりません。動悸、食欲不振、めまい、頭痛、倦怠感など多くの副作用を併発する可能性があります。

睡眠サプリのメリット・デメリット

睡眠サプリのメリット

ハーブなどの自然由来の成分でできているため副作用がなく、安心して服用することができます。薬ではなく、睡眠をするために足りない栄養を補うという側面を持っており、医師の診断が無くても自分で簡単に入手できます。

睡眠サプリのデメリット

睡眠薬のような強制力、即効性がないため、効き目には個人差が出てきます。ストレスや不眠の症状が重度の人には効き目が表れない可能性もあり、効果が実感できない事もあります。

睡眠サプリおすすめランキング

まとめ

このように睡眠薬、睡眠サプリはそれぞれメリット、デメリットが存在します。睡眠薬は副作用が多いため気軽な服用はできない反面、不眠症が重度の場合でも すぐに効き目が表れるので、医師と相談のうえ服用すれば副作用を加味しても体にいい効果が得られる場合があります。

睡眠サプリは簡単に手入れることができるので挑戦しやすいですが、即効性がなく実感までに時間がかかってしまいます。
ですが、そもそもの根本の原因を治せるのは、睡眠薬ではなく、栄養を摂取し体調を整える効果があるサプリです。

といったように、効き目はそれぞれ違いますが、一番は自分に合った方法を選ぶことが不眠解消の改善に繋がります。