PAK86_asacyun20140125_TP_V

睡眠の質を上げる為に必要な4つの条件とは!

人は毎日体の疲労を取るために睡眠を取ります。睡眠はただ取るだけでは効果も半減で、疲れも取りきれません。

良い睡眠をして体のコンディションをきちんと 整え、次の日に備えましょう。

 

ではどうすれば良い睡眠が取れるのでしょうか。私は「良い睡眠」=「睡眠時のストレスがない」ものと考えてまして

ストレス がない睡眠を取るために睡眠時の環境をしっかり整えることが大切だと思います。

 

下記に具体的に項目を挙げてみました。

枕の高さは適切か

自分の頭の高さに合っていない枕を使っている人がいると思います。高すぎたり低すぎたりすると、寝てる間中ずっと首に負担をかけている状態になります。

寝 違えの原因にもなりますので、しっかり自分に合った枕を使いましょう。快眠枕といって眠りに最適な高さや硬さになった枕もあるので検討してみるのもいいでしょう。

掛け布団の重さ

冬場になると寒いからといって、重い掛け布団を使っている人がいます。重い掛け布団も寒さ対策の一つではありますが、体全体への負担も大きくなります。睡眠時のストレスの原因になりますので、できるだけ重さを感じず暖かい掛け布団を使いましょう。

敷き布団の状態

敷き布団も常に状態を確認して、へたらせないことが大切です。へたっていると布団が硬くて背中の負担になりますし、湿気もなかなか抜けません。定期的に外に干して、常にふわふわの布団にしましょう。

エアコンの温度

良い睡眠を取るためには、部屋の温度の調節も大切です。電気代を節約するために、寝る時にはエアコンを消す人がいますが、それは大きな間違いです。暑い部 屋や寒い部屋で我慢をして寝ても、体への負担が増えるばかりで疲れは取れません。結局寝つけないこともあります。自分にとって快適な温度に調節しましょ う。

上記のように、良い睡眠を取るためにやらなければいけないことは多いです。全てを常に行うのは大変ですが、ストレスを減らして体調をしっかり整えるためにも全て行うべきだと思います。